安斉かれん、現在の姿が悲惨すぎる…華々しいデビューを飾った結果はどこに「何したらそうなる?」「動画が500回再生とか一般人以下」
2023/11/03

広告

2年前のコロナ禍初期に、ノンフィクション作家の小松成美が書いた小説『M 愛すべき人がいて』がドラマ化されました。この作品は、小松成美が浜崎へのインタビューや取材を通じて得た事実を基にしており、2019年に出版されました。このドラマ版では、田中みな実というキャラクターが登場し、狂気的な行動やジュースをかけられる場面などがあります。このような演出には、コントか本気か判断できない要素があり、話題となりました。主演には、当時デビュー1年の歌手・安斉かれんが抜擢され、演技初挑戦で初ドラマ・初主演という異例のチャンスを得ました。その結果、知名度はアップしましたが、現在はあまり活動を見かけません。ドラマ終了後はミュージックステーションに出演していましたが、楽曲はヒットせず、存在感も薄れてしまいました。最近のデビュー3周年の配信ライブも視聴者数がほとんどいなかったと言われています。彼女の個人のYouTubeチャンネルも不調で、メーク動画は一部人気になりましたが、他の動画の再生回数は1万~4万程度で、最近は数千回しか再生されませんでした。

広告

AD
記事
動画